座り方が悪いと体への負担が大きくなり、腰に痛みを感じるようになります。 そのため、椅子に座る時間が長いという人は、座り方に気をつけるようにしましょう。 では、どのような座り方がいけないのでしょうか? 腰が痛くなる座り方は、以下の通りです。 ・背中を丸める ・脚を組む ・片肘をつく ・斜め座り パソコン画面に集中してしまうと自然と背中が丸まってしまい、猫背になります。 これは腰への負担が大きいので、きちんと背筋を伸ばして座るようにしましょう。 それに、脚を組みながら椅子に座る人も非常に多いと思いますが、これも腰が痛くなるので止めてください。 また、片肘をつきながら座ったり、斜めに座ったりするのも、腰痛を引き起こす原因になるため要注意です。 このような座り方は腰を痛める危険な座り方なので、1つでも該当している人はすぐに止めるようにしましょう。 腰を痛めないためにも、椅子に深く座ることと机と椅子の間を狭くするということを意識するようにしてください。